東京大学 SI センター・SICT 研究センター合同シンポジウム
「これからの電子メールと情報伝達セキュリティ対策」
〜 電子メールは滅びるのか 〜

日時

 2022年12月21日(水) 13:30-18:00

開催概要

 昨今、マルウェアが添付されたメールや、なりすましによる詐称メール等、電子メールによる情報伝達を取り巻く状況は悪化の一途をたどっている。また、誤送信やマルウェア感染による、意図しないメール送信による情報漏えい事故も頻発している。さらに、迷惑メールの増加にともない重要なメールを見逃すという悪循環が発生している。
 このような状況下において、電子メールによる情報伝達の信頼性は低下する一方であり、限られたグループ内での情報伝達は SNS やグループウェア等に取って代わられようとしている。一方、メールにおける信頼性と完全性、すなわちメールセキュリティを担保するために、添付ファイルでは PPAP と呼ばれる手法が広く用いられている。しかし、そのような対策も効果は限定的であり、むしろ有害となる点の方が多く指摘されている。
 本シンポジウムでは、このような現状を受け、電子メールのセキュリティに関して、企業や組織における利用方法、標準化における新たな取組を通じて、これから先メールセキュリティにおける機密性と完全性、可用性をどう担保するべきなのか、議論を通じて解を探る。

プログラム

13:30 – 13:35 (5分) 開会のご挨拶
13:35 – 14:20 (45分) 暗号化ZIPファイル送付(通称:PPAPの国内利用実態について
(東京大学 空間情報科学研究センター  澁谷 遊野 准教授)
(大阪公立大学 大学院情報学研究科 近藤 大嗣 助教)
14:20 – 15:05 (45分) DNS とメールセキュリティ技術
(東京大学 大学院総合文化研究科 石原 知洋 准教授)
15:05 – 15:15 (10分) 休憩
15:15 – 15:45 (30分) 企業におけるメールセキュリティと情報伝達 (仮)
(NTT テクノクロス株式会社 上田 和永 様)
15:45 – 16:15 (30分) なりすましメールの現状と対策に関する最新動向 (仮)
(株式会社インターネットイニシアティブ 古賀 勇 様)
16:15 – 16:25 (10分) 休憩
16:25 – 17:25 (60分) パネルディスカッション
(司会 : 関谷  パネリスト : 澁谷、石原、上田、古賀)
17:25 – 17:35 (10分) 質疑応答
17:55 – 18:00 (5分) 閉会の挨拶

対象

 どなたでも参加可能

参加費用

 無料

会場

 オンライン開催 (Webex ウェビナーによる開催)

申し込み方法

 下記 URL から事前登録をお願いします。
 参加登録をして頂いた方に Webex ウェビナーの URL を個別に送付させて頂きます。
 https://forms.gle/kjqBtDHKNvaByTfV8

アーカイブについて

 後日公開予定

お問い合わせ

 東京大学 SI センター : symposium-202212@si.u-tokyo.ac.jp

主催

 東京大学 SI センター

共催

 東京大学 SICT 研究センター